●古川イテルプロフィール

●1979年8月北海道小樽市生まれ。

 

●幼少時から表現活動に興味を持つ。小学校6年学芸会の演劇「おしになった娘」では主役「清太」を演じる。

 

●高校時代には文化祭などで舞台に立つ。独りよがりな表現に、体育館の床が抜けると思われるくらい壮絶なブーイングを浴びる。同じ頃、クラスメイトが学校にギター持ってきて弾いており、それがとてもまぶしくみえた。自分には人にみせる芸がないことを痛感し、何か一つ身につけたいと切望。この体験がギターを始めるきっかけになる。

 

●高校2年の夏休みにボーイスカウトの隊長よりギターを習い、夢中になる。 夜通しギターの練習に打ち込む。

 

●学部生時代、近所のギター教室で数ヶ月クラシックギターの基礎を習う。現在自分で行うレッスンでもその経験が活きている。

 

●社会人になってから、友人が勤めていた養護学校に呼ばれ、歌った時の子供のクリエイティブな反応に感動し、小学校教員を志す。

 

●臨時教員を行うかたわら、リトミック指導者養成セミナーにて初めてリトミックを体験する。
これなら楽しみながら音楽が学べる!と感銘を受ける。
こんな体験を自分も幼児期からしたかった!とくやしがる。
求めるすべての人に音楽の楽しみを味わってほしい、原動力の一つになる。

 

●公教育の場では様々な困難に直面し、数年間の試行錯誤の結果とうとうリタイア。

 

●2013年4月よりギター講師として独立、札幌市内5教室で開講。
2014年12月現在の生徒数は25名。クラシックギター、フォークギター、エレキギターと、生徒の要望に合わせて指導している。

 

●目指すのは現代の吟遊詩人。「アリとキリギリス」のキリギリスみたいな生活がしたい。

 自分が楽しいことばっかりして生きていけるようになることで、

 誰もが楽しいことばっかりして生きていける社会を実現したい。

 

 

●2010年5月より音楽療法ボランティア団体「リズムセラピーボンゴス札幌」代表に就任。
活動テーマは「音楽で自分を現すこと、他者を受け取ること」。

 


●保有資格 

・介護福祉士
・小学校教諭一種免許
・ハート音楽院ギター科 専任講師
・小学校長期自然体験活動指導者(全体指導者)
・北海道リトミックセンター リトミック幼児指導者グレート3級

 


●略歴
1998年3月 北海道大麻高等学校 卒業
1999年9月~2005年5月 北海道新聞朝刊配達員
2000年4月 北海道教育大学岩見沢校 入学
2005年10月 ポリテクセンターマネジメント情報システム科 入学
2006年3月 北海道教育大学岩見沢校 卒業
2006年4月~ コールセンター勤務
2008年6月~ 小学校臨時職員
2009年4月~ 青少年教育施設臨時職員
2010年4月~ 専門学校にて介護福祉士資格を取得
2013年4月~ イテルギター教室 開講